つくりたいもの

作りたいものがあって、少しずつその環境も整ってきて、まだまだだけど、ほんの少しずつでもかたちになっていっているのが嬉しいです。

それを出来る環境を整えてくれたり、応援してくれたり支えてくれたりする人がいるのは本当に申し訳なくなるくらい有難いことに感じる。

やりたいことや作りたいものは沢山あるけど、どれも似たようなもので(そもそも創造力もあまりない)、結局根っこの部分は同じなんだと思います。

樹や土や草花、今まで見てきた風景や光。なんにせよ、自然のものが少しでも身近に感じられるような作品を、誰かに対して心を込めて作っていけたらと思う。

まずは、今彫っている小さな作品をきちんと最後まで仕上げたい。先日バイスを購入したので今までより作業が捗りそうで楽しみです。

広告

陶芸体験

今年の目標のひとつでもあった陶芸体験へ行って来ました。

前にも一度やったことがあるけど、やはり相変わらず難しかった。途中まで順調だったのに、最後の仕上げでやらかしてテンションが下がる。

はる(一緒に行った友人)の素敵なスープカップを横目に見ながらなんとなく仕上げ、色を決めて完成。

体験自体はすごく楽しかったので、次は何をどんな風に仕上げるかまできちんと決めて挑みたいです。やはり何事もイメージって大事だなぁと実感。

家に帰ってからもつくりたいものが沢山で、まずは小さい作品を、最後まで納得いくように仕上げていきたいと思います。

優しい時間

見終わりました。

想像していた以上に重くて切なくて、もどかしくて温かいドラマ。

見終わって(とゆうか見ている間ずっと)、とある場所を思い出して行きたくなった。今の季節、あの場所の窓から見える景色は間違いなく綺麗。

本当に、人はそれが例え家族であっても相手のことを理解するのって難しいんだと思う。距離が近いからこそ許せなかったり、理解出来なかったり、素直になれなかったり。家族ですらそうなのに、他人と分かり合うなんて本当に難しいことに感じます。

自分自身、人と関わるのが得意な方では全くないので、とにかく小さな周りを大切に、きちんと見つめていかねばと思いました。

ドラマの中で心に響いたセリフがあって、自分自身もそんな風にものづくりと向き合えたらと思った。

森の時計にも行きたいなー。
今年は沢山富良野に行きたい