アトリエ日和。

前日に、E田さんから連絡があり写真展の準備の手伝いへ。

初めてE田さんのおばあちゃんにお会いしたけどとっても楽しくて可愛らしいおばあちゃんでした。コザクラインコのくぅちゃんも元気そう。むしろ元気過ぎそう。笑

E田さんのおばあちゃんちではひたすら貼りパネを切って写真を貼る作業。やたらとデカいハンガーと定規がツボで面白かった。本来何を掛けるハンガーなんだろう‥。

4時過ぎに、果澄ちゃんのアトリエへ。忙しい中わざわざ迎えに来てもらう迷惑な2人組。

最近引っ越したというアトリエはすぐ近くに自然が沢山あって素敵な環境でした。アトリエ自体も広くて落ち着ける、ずっと居たくなる様な空間。置いてある棚とかも自分で色を塗ったりしてるらしく、そこかしこにセンスが溢れてて、ここであの作品たちが生まれてるんだなぁと思うと感激だった。最初少しだけお邪魔しようと決めていたのに結局長々と居座る始末。

作品のこととか展示のこととか色々話したけど、毎度のことながら果澄ちゃんの真っ直ぐな作品との向き合い方には、いつもいつも圧倒されます。ただ可愛いとか綺麗なだけじゃなくて、ずっとずっと心の深いところから生まれて来る様な、力強くて儚くて美しい作品たち。作品ひとつ生み出すのに、一体どれ程のエネルギーを使っているんだろう。

結局帰りも駅まで送って貰って帰宅。毎度のことながら自分自身、もっと頑張らなくちゃと身が引き締まる思いです。E田さんも展示のアイディアが浮かんだ様で、良いタイミングで行けて良かった^^

すーさん、忙しい中ありがとう!次回は我が家に来てもらおうと思います。是非、自転車で。笑

広告