想いを胸に。

久しぶりの投稿になってしまった。

北海道はまだ寒い日も多いけど暖かい日もあって、ちょこちょこ写真撮りに出かけたりしていました。

その中で、ウェディングフォトを撮らせてもらう機会があって、とても嬉しかったし撮影自体も楽しかった。いつも自己満足でしかない自分の写真だけど、こうして誰かの大切な時間を写真で残すお手伝いが出来て本当に嬉しい。

現実的なこととか色々考えて、最近忘れそうになっていた夢のかたち。

やっぱり私は生活の中心を、もう少しものづくりと写真にしていきたいんだな。

ここしばらくは写真を撮るのが楽しくて、少しものを作る手が止まってしまっていたけれど、またやりたいことをかたちにするためにこつこつ手を動かしていこう。

広告

此処から見える風景。

ものづくりや写真を続けていると、なんとなく色んなことに対して消極的になってしまったりどこか諦めてしまっていたりして、よくないなぁと思う。最近特にそうだったかも。

色々ともどかしく思ってしまうけれど、それでもやっぱり自分が好きなことをこれからも続けていくしかないんだよね。

例え一人でも出来ることがゼロな訳じゃない。もう少し自分の好きを突き詰めていきたい。

小鳥と季節と女の子。

出来れば物語のような写真が撮りたいし、そうゆう絵も沢山描きたい。

好きなものは好きと言う。そしてちゃんと周りに伝えていく。そしていつか、自分の好きな世界観を誰かと共有出来たらとても幸せ。

好きな写真。

あぁ、この人の写真好きだなぁ。。って心から思うような写真を撮る方が、少なからずいる。

静かで優しい中に、芯がある写真というか。

その人の向き合い方とか、人柄とかも写ってて、ずっと眺めていたくなるような写真に惹かれるんだと思う。

私は自分の写真がもう何年もあまり好きではなくて、その理由もわかっていて。

いつか自分で納得出来る写真が撮れるようになれるのだろうか。

素敵な写真を見ると感動するし、写真てやっぱりなんて素敵なツールなんだろうと再確認するけれど、自分の場合はまだまだだなぁと思う。大切にするべきことはもっとシンプルなことで、写真は撮った人の内面まで写してしまうから、時に少し怖くもある。